Studio TA Subsite の案内とお知らせ

GYAO! 動画を強制的に全画面表示にするアレンジスタイル

2018年 12月 07日

GYAO! の動画表示のトラブル


12月に入ってから、GYAO! の動画画面が全画面表示に出来なくなりました。 Win10 Pro / Chorme の組み合わせでのみ生じる問題の様で、他のブラウザやOSの組み合わせでは問題が有りません。 私は Yahoo! のシステム更新が原因ではないかと思っています。 ネットを検索してみると、過去に似た様な問題が発生した事がある様ですが、今回の問題に関してGYAO! サイトで不具合報告はされていません。 更に特別な条件でだけ生じる問題なのかも知れません。
私にとってはこの不具合は困ったもので、簡単ですがアレンジスタイルを作りました。 トラブル対策のためのスタイルでしたが、出来上がってみると正常な環境でも都合良いところがあります。



動画の拡大表示の仕方を自由にコントロール出来る


このスタイルは、Chrome / Firefox でのみ使えるものですが、ブラウザウインドウの動画を「強制的」に全画面表示にします。 デフォルトの GYAO! 動画ページでは、動画コントローラーの「」(全画面)のボタンを押すことでモニター全画面の動画表示になります。 それに対して、このスタイルを適用すると、ウインドウ幅のサイズによって、全画面の表示かどうかが切り替わります。(コントローラーの全画面ボタンも有効ですが)

● ブラウザウインドウ幅が 1024pxより大きくなると、動画がウインドウ内で最大に拡大表示されます。 デフォルトと異なり、ブラウザウインドウがモニター全体を覆っていない状態でも、動画以外を表示しない動画プレイヤーの状態に出来ます。

a0349576_11274359.png

● この状態でブラウザウインドウの「最大化」ボタンを押すと、ウインドウのタブ部とコントロールバーのある上図の動画プレイヤーが、モニター全面に表示されます。

a0349576_11273579.png

● 更に、キーボードで「F11」を押し、ブラウザウインドウを「全画面表示」にすれば、本来の動画コントローラーの「」を押すのと同様の動画のフルスクリーン表示になります。(ウインドウのタブ部とコントロールバーは非表示になります)

つまり、デフォルトの「」「ESC」の操作の代わりに「F11」を押して「動画のフルスクリーン表示」と「通常のページ表示」を切替える形になり、また中程度のウインドウサイズでも動画を拡大表示できることになります。



シンプルなアレンジコードでシステム負担の心配はありません


これは、ユーザースタイルシートの機能で、ページデザインをアレンジして表示するものです。 スタイルを働かせるには、そのベース環境としてブラウザ拡張機能「Stylus」が必要です。「Stylus」は Chrome版とFirefox版があり、使用中のブラウザがこのどちらかなら、先ずブラウザに対応した「Stylus」を導入します。 その上でこのページで紹介したスタイル「GYAO動画のフル画面表示」をインストールします。


スタイル導入の手順


❶ 使用しているブラウザに拡張機能「Stylus」が未導入の場合は、以下のリンク先の「📌」マークの記事を参考にして、使用ブラウザに適合した「Stylus」を導入してください。 既に「Stylus」を導入している場合は、この作業は不要です。


❷ アレンジスタイルの投稿サイト「userstyles.org」に、「GYAO動画のフル画面表示」が登録されています。 以下のリンク先のページを開いてください。

下の様なページが表示されます。 このページ上部のメイン画像「右下」の Install Style を押します。

a0349576_12334739.png

以上で、このスタイルはGYAO! 動画ページを開くと、自動的に適用される様になります。



[PR]
# by Ataron2 | 2018-12-07 12:36 | システム覚え書き | Trackback | Comments(0)